コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ドラゴン・タトゥーの女

 今回ご紹介するのはデヴィッド・フィンチャー監督『ドラゴン・タトゥーの女』での、ルーニー・マーラさんのおっぱいです。この作品、私は以前に一度見ていて、ルーニーさんのおっぱいが印象に残っていたんですね。それでこのブログで取り上げることにしたんですが、心配は『インビジブル』の時のように、記憶には確かにあったおっぱいシーンが、実際に映画(DVD)を見たらどこにもなかったという事態。果たして私のおっぱいに関する記憶は、正しかったのでしょうか? それとも私は「おっぱいが見たい」という妄執に取り憑かれるあまり、実際には映画にないルーニー・マーラさんのおっぱいを幻視してしまったのでしょうか?
 結論を言いますと、その点は心配ご無用でありまして、おっぱいシーンはキチンと存在してましたよ。
 さてお話は、おおむね下記のようなものです。

ドラゴン・タトゥーの女
経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグさん)は、資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーのリスベット(ルーニー・マーラさん)とともに捜査を進めていくが、その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく…。
(予告編はこちら

 海外ミステリが好きな私は、しっかり原作小説の3部作を読んでから見ましたよ。映画になっているのは、原作の第1部、文庫本で上下巻2冊分の分量なんですが、非常にうまくまとまっていて、デヴィッド・フィンチャー監督の手腕に大変感心いたしました。ただ登場人物も多く、小説を読んでいない人は少しエネルギーを使うかもしれません。
 映画の前半は、ミカエルとリスベットがそれぞれ世の中の仕組み、システムといったものに虐げられ、傷つく物語が平行して描かれます。特にリスベットのパートは、まさにレイプ・リベンジ物になっていて、私はおちんちんをビックリした時のニシキアナゴのように縮こませながら、鑑賞しましたよ。
 そしてルーニー・マーラさんのおっぱいが登場するのは、後半、ミカエルとリスベットが一緒にバンゲル家の事件に取り組むようになってから。ルーニー・マーラさん、ネットの写真を見ると素顔は小柄で可憐な雰囲気なんですが、この映画ではタトゥーをいれて眉毛もなく、ちょっと怖い感じ。そのリスベットが、ミカエルとベッドを共にする場面で、さほど大きくはないおっぱいが出てきます。映画の中でもネコが登場するのですが、リスベットはまさに、ネコのような存在として描かれているんですね。その「ネコ性」がうまく表現されたおっぱいサイズは、なかなかにナイスでしたよ。
 映画そのものの点数は90点、ルーニー・マーラさんのおっぱいは75点。『ドラゴン・タトゥーの女』の合計得点は、165点でありました。全体に見せ場が多く、視覚的にも美しい場面が多いので、楽しい作品でしたよ。続編が作られないようなので、そこは残念であります。

 次回は、蜷川幸雄監督『蛇にピアス』の、吉高由里子さんのおっぱいを取り上げる予定です。実はこの流れ、ドラゴン・タトゥーつながりでもあるんですね。 
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

cinemaboy

Author:cinemaboy
映画が大好き。でもおっぱいは、もっと好き。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
799位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。