コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

青い体験

 お久しぶりです。今回ご紹介するのは、『青い体験』でのラウラ・アントネッリさんのおっぱいです。調べてみたらラウラ・アントネッリさん、2015年6月に、73歳でお亡くなりになっていらっしゃるんですね。今回は追悼の意を込めて、おっぱいについてしっかりレポートしたいと思いますよ。

 さて映画のお話はと言いますと、下記のようなものです。監督は、サルヴァトーレ・サンペリさんですね。

青い体験
シシリー島で生地商を営むイグナツィオ・ブロカ(テューリ・フェルロさん)は、アントニオ十八歳、ニーノ(アレッサンドロ・モモさん)十四歳、エンジーノ七歳の三人の息子を残してこの世を去った妻の葬儀を終えたところだった。そんな彼の家に、若く美しい娘がお手伝いとしてやってくる。優しくよく気のつくアンジェラ(ラウラ・アントネッリさん)に魅了されたイグナツィオは、彼女の気を引こうとやっきになった。そして長男のアントニオも彼女の魅力にまいっていた。そんな父と兄に反感を持った次男ニーノは、独自のペースでアンジェラに接近していく。ある日、ついにイグナツィオはプロポーズ。彼女は家族全員が同意すればと答える。狂喜したイグナツィオだったが、難問があった。弟エンジーノを使って、“お母さんの幽霊が出る。僕たちのお母さんの面影を消さないで”というニーノである。SEXへの願望と不安に揺れ動くニーノの心を見てとった彼女は、激しい雷雨の夜、ついに自分から彼を挑発し一夜を共にするのだった……。

予告編が見つからないので、こちらを。

 えーこの『青い体験』、昔はTVでたまに放映していまして、私も35年以上前に一度見たことがございます。その時の印象は「聖母のような年上の女性が、童貞くんに優しく性の指導をしてくれる」というまさに夢の物語だったのですが、今回改めて見てみると、全然違うお話なんですね。
 むしろ「童貞サイコ・サスペンス」といった趣のお話で、ビックリいたしました。
 ニーノ14歳はラウラ・アントネッリさん演じるアンジェラに夢中になって、色々と無茶な要求をしていくんです。みんなで食卓を囲んでいる時に、テーブルの下でアンジェラの下着を脱がせてゲットしたり、友人と一緒に天井裏的な場所から覗いている時におっぱいを見せることを要求したり。
 これは正直、ちょっと図々しいと思いましたよ。おい、ニーノ14歳、アンジェラのおパンティやおっぱいに興味があるのはわかったが、やり過ぎだぞ!
 それに対してアンジェラは、時おりは怒ったりしながらも、結局受け入れていくんですね。
 そして嵐の夜、ついに二人は結ばれるんですが、一度青い体験をしたニーノ君はけっこう冷静になって、やがて父親とアンジェラが結婚することを受け入れます。大人の階段を一段のぼったんだねということですが、14歳でそんなことを覚えたニーノ。将来、ロクな大人にならないぞ! オレが14歳の時はなあ、オレが14歳の時は……。様々な感情が押し寄せてくる映画でございました。お話としては単純ではありますが、後味はそう悪いわけではなく、映画としての得点は、100点満点で60点とさせていただきます。
 さてそんな中で披露していただいたラウラ・アントネッリさんのおっぱいでありますが、そもそもラウラ・アントネッリさん、ちょっとM的な雰囲気というか、美女というより親しみやすい感じもあって、そこが魅力的なんですね。それで柔らかそうなけっこうな巨乳で、とてもよろしいと思いましたよ。昔の映画だし少年が相手ということもあって、ベッドシーンがおとなしめでしたが、この映画でのラウラ・アントネッリさんのおっぱいの得点は、92点とさせていただきます。合計得点は、152点でしたね。

 次回は『忠臣蔵外伝 四谷怪談』での高岡早紀さんのおっぱいを、生唾をのみながら鑑賞したいと思います。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

cinemaboy

Author:cinemaboy
映画が大好き。でもおっぱいは、もっと好き。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
799位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。