コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

シン・シティ 復讐の女神

 今回ご紹介するのは、『シン・シティ 復讐の女神』での、エヴァ・グリーンさんのおっぱいです。1作目の『シン・シティ』はけっこう面白かった記憶があるんですが、最近当たり外れの激しいロバート・ロドリゲス監督。『マチェーテ』は最高だったのに、『マチェーテ・キルズ』は退屈でありました。そんなことにならなければいいなぁと思いながら、鑑賞いたしましたよ。

 お話はといいますと、おおむね下記のような感じです。1作目と同様に、ロバート・ロドリゲスさんと原作者でもあるフランク・ミラーさんの共同監督作品です。

シン・シティ 復讐の女神2
ならず者たちが集う街シン・シティ。ストリップバーの看板ダンサーのナンシー(ジェシカ・アルバさん)は、なまめかしいダンスで男たちを癒やしながら愛していた刑事ハーティガンに死をもたらした街の支配者ロアーク上院議員(パワーズ・ブースさん)に復讐するチャンスをうかがっていた。だが、ロアークは手段を尽くして力を拡大、さらに悪女エヴァ(エヴァ・グリーンさん)の登場で街の腐敗は加速していく。そんな中、ギャンブラーのジョニー(ジョセフ・ゴードン=レヴィットさん)がロアークにポーカーで勝負を挑む……。

予告編はこちら

 映画の感想ですが、はっきり申し上げて、けっこうなガッカリ作品でありました。「これぞハードボイルド」という趣で、主要登場人物のモノローグでお話が展開していくのですが、1作目の『シン・シティ』で感じられたような「物語のグルーブ」が今ひとつ感じられず、平板な印象になってしまっているのです。お話の緊張感のレベルがどれも同じようになっているのが、主な原因かもしれません。
 ジェシカ・アルバさん演じるナンシーもストリッパーという設定なのですが、おっぱいも股間もガッチリとガードした服で、ただ腰をクネクネさせているばかり。セクシーさがほとんどありません。『マチェーテ』でのジェシカ・アルバさんはもっとセクシーだったし、ロバート・ロドリゲス監督との信頼関係もバッチリのはずなのに、どうしてこんなことに……?
 ここで私、はたと思い至りましたよ。フランク・ミラーさんという「ガハハオヤジ」の存在が原因であろうと。1作目の『シン・シティ』の時のインタビューでフランク・ミラーさん、「撮影中は毎日、キレイな女優さんのセクシーな姿が見られて、最高だったよ。こりゃたまらんね。うひゃひゃひゃひゃ」とおっしゃっていた記憶が私にはあるのです。そんなフランク・ミラー監督のキモさにジェシカ・アルバさんはドン引きして、完全防備ということになったのではないでしょうか。
 そんなジェシカ・アルバさんを尻目に、おっぱいをほりだしてガンバってくださっているのが、エヴァ・グリーンさんです。彼女は今回、男を誘惑しては殺人をさせたりする悪女を演じているのですが、そのボリュームのあるおっぱいは私の好きな入浴シーンなどで比較的たっぷり拝むことができます。相変わらずの「不機嫌フェイスにご機嫌おっぱい」ですが、それもまた愉し。キモいフランク・ミラー監督が現場に来てはジットリと自分の裸を見ている、その前で演技をしていたのか、と思うと、私もエヴァ・グリーンさんに「キミの辛さはわかるよ。お疲れさま」と温かい言葉をかけてあげたくなりましたよ。
 他に500日サマ男こと ジョセフ・ゴードン=レヴィットさんもがんばっていましたし、レクター博士に脳みそを食べられた男ことレイ・リオッタさんの屑っぷりも楽しかったのですが、やはり映画としては今ひとつで、この映画の得点は40点とさせていただきます。エヴァ・グリーンさんのおっぱいの得点は、75点ということで。もう少し揉まれたり、吸われたりする場面があるとうれしかったのですが。この映画の合計得点は、115点になりました。

 次回は、童貞筆おろし映画の古典『青い体験』でのラウラ・アントネッリさんのおっぱいを、私自身も童貞に戻った気分で鑑賞したいと思います。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

cinemaboy

Author:cinemaboy
映画が大好き。でもおっぱいは、もっと好き。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
799位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。