コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

冷たい熱帯魚

 このブログを書く時に私はよく「以前にどんなことを書いたっけ」と思って、過去の文章を読み返してみるんですね。それで気づいたことがありまして、それは「自分は江戸川乱歩とSMに厳しい」ということです。ふだんの私は、取り立てて江戸川乱歩やSMのことを口にしたりはせず、どんな場でも寡黙にジェントルマンにレディファーストにふるまっているつもりなんですよ。でももしかしたら私の中には、そうしたことに対して強いこだわりがあるのかもしれません。
 そんな二面性を持った私が今回ご紹介するのは、『冷たい熱帯魚』での、黒沢あすかさんと神楽坂恵さんのおっぱいです。監督は、園子温さんですね。お話はと言いますと、大体下記のようなものです。

冷たい熱帯魚2
小さな熱帯魚店を営む社本(吹越満さん)の家庭では、年頃の娘(梶原ひかりさん)が若い後妻(神楽坂恵さん)に反発しており、そのため彼と妻との関係にも亀裂が生じていた。そんなある日、彼は娘が起こした万引き事件をきっかけに同業者の村田(でんでんさん)と知り合う。やがて村田の事業を手伝うことになった社本は、いつしか恐ろしい猟奇殺人事件に巻き込まれていく……。

予告編はこちら

 さて映画の感想でありますが、この作品、アイデアがみっしり盛り込まれているのがとても楽しいところです。社本家の食事メニューであるとか、村田が経営する熱帯魚店の制服であるとか、栄養ドリンクであるとかインスタントコーヒーであるとか醤油であるとか。そうした「細部」がいちいち素晴らしいし、それに呼応してでんでんさん、吹越満さんはじめ俳優さんの演技もとてもステキなものに仕上がっているのです。特にでんでんさんは、『お笑いスター誕生』で「どうだい? カッコいいだろ?」と言っていたことや『有言実行三姉妹シュシュトリアン』でイモリ男を演じていたことさえ、この映画のための伏線のような気がしてくる恐ろしさです。
 世の中にはコミュニケーションが取れるように見えながらも、実はまったく違うものを見ている人がいる、心の中に荒涼たる風景を秘めている人がいるということを改めて教えてくれる、教訓に満ちた映画でしたね。
 『冷たい熱帯魚』の映画としての得点は、100点満点で96点とさせていただきたいと思います。
 そんな中で披露される神楽坂恵さんと黒沢あすかさんのおっぱいですが、こちらもけっこうな充実ぶり。神楽坂恵さんのおっぱいは、でんでんさん扮する村田とエッチなことをする場面で拝見することができますが、少し昔の日本女性特有の肉付きで、その風情にグッと来ますね。さらに黒沢あすかさんのおっぱいは対照的にややシャープな印象。何にも考えていないように見える黒沢あすかさん演じる村田の妻のキャラクターと相まって、いい意味でちょっとコワい感じもありました。
 この映画でのおっぱいの得点は、86点とさせていただきます。
 合計得点は、182点。かなりの高得点になりましたよ。

 次回はロバート・ロドリゲス監督、フランク・ミラー監督の『シン・シティ 復讐の女神』を見て、エバ・グリーンさんのおっぱいに圧倒されたいと思います。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

花宵道中

 今回ご紹介させていただくのは、『花宵道中』での安達祐実さんのおっぱいです。安達祐実さん、実はもう33歳になられているんですね。ドラマ『家なき子』、映画『REX 恐竜物語』などはまったく見ていなかった私ですが、安達祐実さんの「具」がどれだけ大きくなっているのか、そして安達祐実さんのおっぱいは私の「具」をどれだけ大きくしてくださるのか、興味津々でありますよ。

 お話は大ざっぱに下記の通りです。監督は豊島圭介さん。

花宵
舞台は江戸時代末期の新吉原。人気女郎の朝霧(安達祐実さん)は、とらわれの身でありながらも懸命に働き、遊郭から離れることができる年季明けを迎えようとしていた。そんなある日、縁日に出掛けた彼女は半次郎(淵上泰史さん)という青年に出会う。彼に心を奪われてしまう朝霧だったが、花魁(おいらん)という身分ゆえにかなわぬ恋と諦める。しかし、日増しに思いが募るに従って、彼女の運命は大きく変化していくのだった……。

予告編はこちら

 吉原を舞台にした花魁もの、遊女ものというと、純愛を見つけて葛藤するというお話なんでしょ、と思っていたら、まさにそういうお話でしたね。その意味では新鮮味はないんですが、豊島圭介監督がけっこう絵作りでがんばっていらして、ビンボー臭い雰囲気をうまく押し隠すことにある程度成功しています。その点は高評価です。
 ただ安達祐実さんが可憐な雰囲気で、「人気女郎感」がやや足りない印象であります。また、淵上泰史さん演じる半次郎を始め、朝霧の妹分的な八津(小篠恵奈さん)など脇役陣の演技が、今ひとつ精彩を欠いてしまっているのも残念なところ。
 お話自体も今ひとつですし、この映画の得点は100点満点で48点とさせていただきます。
 そんな中で披露された、安達祐実さんのおっぱいですが……。そもそもこの映画、東映に「安達祐実さんがおっぱいを出してもいいと言ってます!」という1本の電話がかかってきたところから、企画がスタートしたと思うんですね。だから私などは、やる気が無い感じで一応おっぱいをお見せして義理を果たしそれで終了という、「おざなりおっぱい」のパターンだと思っていたのです。しかし、その私の予想は、いい意味で裏切られましたぞ!
 何よりも特筆すべきは、最初におっぱいが登場するシーン。半次郎と知り合い、いい感じ…と思っている朝霧(安達祐実さん)。そんなある日、半次郎が津田寛治さん演じる吉田屋藤衛門に連れられて、お店に来てしまうのです。「あっ」と思いながらも他人のフリをする二人。
 すると半次郎の目の前で吉田屋藤衛門、「この朝霧の初めての男はワシじゃ」といった意味のことを言って、安達祐実さんの着物をガバッとはだけ、両のおっぱいをむき出しにします。そして背中から両手を回して朝霧の乳首をつまみ、「半次郎さん、御覧なさい」と乳首をキューッ! 朝霧は「あひぃぃぃ」。「半次郎さん、ほれほれ」と乳首をキューッ! 「あひぃぃぃ」。これを一度ならず、何度も繰り返すのです。これはまさに、桃源郷
 この場面での津田寛治さんのエロ楽しそうな顔も、とてもよかったです。津田寛治さんと豊島圭介監督、ファインプレーですよ!
 それ以外にも、半次郎と朝霧が契る(時代劇なので、こんな表現にしてみました)場面で、2度ほど安達祐実さんのおっぱいを拝見することができますが、やはり「乳首をキューッ!」のインパクトには、かないませんでしたね。
 現実世界の安達祐実さんはそれなりのお年ということもあり、おっぱい自体は年齢相応かなとも思いましたが、私は大満足でありました。この映画での安達祐実さんのおっぱいの得点は、93点とさせていただきます。
 合計得点は、141点。「乳首をキューッ」があったからこその、まずまずの結果でありました。

 次回はジェームズ・キャメロン監督『タイタニック』での、ケイト・ウィンスレットさんのおっぱいを鑑賞したいと思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

キャタピラー

 今回ご紹介するのは、若松孝二監督『キャタピラー』での、寺島しのぶさんのおっぱいです。ところで私が気になっていたのは、この映画の宣伝でよく使われる写真が、ポスターなども含め「寺島しのぶさんが酸っぱいものと苦いものを同時に口に入れた時の表情をしている」ということでした。この微妙なフェイスで、寺島しのぶさんは何を表現しようとしたのか。そのことも気にしながら、DVDを借りて見てみましたよ。

 お話はと言いますと、大体下記の通りです。

キャタピラー
第2次世界大戦中の日本。シゲ子(寺島しのぶさん)の夫・久蔵(大西信満さん)は戦争から戻ったが、その顔は無残にも焼けただれ、彼は四肢を失っていた。村中から奇異の目で見られながらも、多くの勲章を得た久蔵は「生ける軍神」として崇められ、シゲ子は戸惑いながらも久蔵の尽きることのない食欲と性欲を埋めていく。やがて日本に敗戦の影が色濃く迫り、久蔵は自ら戦場で犯した悪行に苦しみ始める……。

予告編はこちら

 この作品、正式な原作ではないけれど、江戸川乱歩の『芋虫』という短編がベースになっているんですね。江戸川乱歩先生は、『芋虫』について、『探偵小説四十年』の中で「反戦とかの話ではなく、『物のあわれ』を表現したかったのである」という主旨のことを書いています。しかしこの映画は、あからさまに反戦映画になっており、それを大々的に謳っているのです。
 もちろん「江戸川乱歩先生の意図を汲んでいないからダメだ」というつもりはありません。しかし私は、映画や演劇において「政治的・社会的なメッセージを人々に伝えるために作った作品」というのは、そのメッセージが左翼的なものであっても右翼的なものであっても、ちょっと問題ありと思ってしまうんですね。
 せっかくこの作品でおっぱいを出してくださっている寺島しのぶさんには、本当に申し訳ありません。でも「政治的・社会的なメッセージを人々に伝えるために作った作品」というのは、その結果として必然的に、ストーリーはもちろん、演出、演技といったものにいたるまで政治的メッセージに奉仕するためのものになってしまうんですね。これでは俳優は、政治的メッセージを広めるための「駒」に過ぎません。これは楽しくありませんよ。演技や演出の楽しさというのは、俳優や演出家がシナリオや脚本を勝手に解釈したりして、思いも寄らない新しい価値が生まれる、その多様性・多層性にあると私は思っているのです。政治的なメッセージが前提になってしまうと、「政治的に正しいか、正しくないか」ですべてが決定されてしまい、新しい価値・美意識が生まれる余地がなくなるんですね。
 その意味でも、この映画の得点は15点とさせていただきます。
 さてそうした中で寺島しのぶさんはおっぱいを、数カ所のシーンで垣間見せてくれています。四肢を失った夫が「やりたいです!」というので、それにお付き合いする場面ですね。とはいえ、そうした場面での主役は、おっぱいではありません。おっぱいも確かに見えますが、若松孝二監督は寺島しのぶさん演じるシゲ子が夫に乗っかる時のお尻を、斜め上からとても豊かそうに撮っているんですね。
 ははーん、そういうことか。反戦メッセージの陰に隠れた若松孝二監督の「作家性」を、私は見逃しませんでしたよ。これは確信を持って言えますが、若松孝二監督、お尻が大好きな人に違いありません。
 ここで思い出すのは今村昌平監督『カンゾー先生』であります。この映画も、原爆が最後に落ちる一種の反戦映画でありましたが、今村昌平監督は麻生久美子さんのお尻を執拗に撮っていました。老境に差し掛かった反戦映画監督は、なぜかお尻が大好きになってしまうものかもしれません。
 確かに私も、女性のお尻は大好きであります。しかしまだまだ私は、おっぱいにこだわりたい。その意味でこの映画での寺島しのぶさんのおっぱいの得点は、50点とさせていただきます。
 『キャタピラー』の合計得点は、65点でありました。

 次回は豊島圭介監督『花宵道中』での安達祐実さんのおっぱいを見て、「ほほう、そうなっていたのか」とつぶやきたいと思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

D坂の殺人事件

 今回ご紹介するのは、『D坂の殺人事件』での、謎の美女・祥子さんのおっぱいです。原作は江戸川乱歩の初期短編。私は中学生の頃にこの原作を読んで「世の中にはとんでもない変態がいるものだ」とビックリしたのを覚えています。謎の美女・祥子さんは、この変態ストーリーの中で、どんな変態おっぱいを見せてくださるのでしょうか?

 お話はと言いますと、超大ざっぱに次の通りです。監督は窪田将治さんですね。

D坂の殺人事件2
D坂で蕎麦屋の主人が謎の死を遂げ、警察は自殺と断定するが、名探偵・明智小五郎とその妻・文代は、他殺と見て独自に調査を開始。やがて事件に関係する人間たちのおぞましい愛憎や激しい情欲が明らかになっていく……。

予告編はこちら

 原作小説の要素だけでは、映画を1本成立させるには情報量が足りないんですね。そのため『屋根裏の散歩者』とかの要素を盛り込むことが多いのですが、この映画でもその要素が取り入れられています。ただ原作改変要素はそれだけでなく、被害者が古本屋の奥さんでなく蕎麦屋の主人になっていたり、明智小五郎が素人探偵でなく名探偵になっていて文代さんがいたり。さらに「D坂」と言いながら、坂は一切登場しなかったり
 予算もあることですし、私もそうしたことに関して、多少目をつぶる覚悟はできています。ただ何と言っても問題なのは、窪田将治監督が「探偵とは何か」「SMとは何か」といったことに関して、まったく考えていないと思われることなんですね。
 事件を招き寄せる人、あるいは事件を観察・観測する人として、探偵というのはどこか過剰な、一種特権的な存在でなければいけないものなのですが、この映画での明智小五郎は、ただの「サエないくせに偉そうにしている人」になってしまっています。
 さらに問題なのは、謎の美女・祥子さんが演じる、古本屋の妻のSM模様。マゾヒストとして、緊縛されて「あっは~ん」と言っていた古本屋の奥さんが、途中から男を縛ったりしているんですね。これは、SMとして間違っているとしか思えません。
 「江戸川乱歩没後50周年記念作品」と謳われているこの映画ですが、江戸川乱歩先生にも失礼な脚本になってしまっていますよ。この映画の得点は、100点満点で8点とさせていただきます。
 そんな中で披露していただいた、謎の美女・祥子さんのおっぱいですが、けっこう多くのシーンで堪能することができます。普通の状態と、縄がかかって変化した状態などを見比べることができるのは、ナイスポイントですね。おっぱいの質感とかも、けして悪くはございません。ただ祥子さんの持つ雰囲気が、それほどSM向きではないのがいささか残念なところ。もうちょっと不幸顔とかが強調されていればよかったのですが。「ほれほれ、どないだ。こんなことになっているとは」といった、プレイも欲しかったです。そんなこんなで、この映画での謎の美女・祥子さんのおっぱいは、65点とさせていただきます。
 得点の合計は、200点満点で73点。窪田将治監督、もっとがんばってください。

 次回はデヴィッド・リンチ監督の『マルホランド・ドライブ』を見て、ナオミ・ワッツさんのおっぱいを心ゆくまで味わいたいと思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

彼のオートバイ 彼女の島

 今回ご紹介するのは、大林宣彦監督『彼のオートバイ 彼女の島』での、原田貴和子さんのおっぱいです。大林宣彦監督といえば、女優さんを初脱ぎさせることでも有名な、偉大な監督であります。その大林宣彦監督、原田貴和子さんのおっぱいをどんな風に監督しているのでしょうか?

 お話は、おおむね下記のようなものです。

彼のオートバイ、彼女の島2
橋本巧(竹内力さん)は、音楽大学に通うかたわら、プレスライダーのアルバイトをしている。オートバイで信州にひとり旅に出た彼の前に、不思議な透明感を漂わせる女性か現われた。オートバイに興味を示したその女性、ミーヨこと白石美代子(原田貴和子さん)と、巧はひなびた温泉で再会する。東京に戻った巧は、ミーヨと文通を続ける。夏が訪れ、巧はミーヨの故郷である瀬戸内の島へ出かけた。秋になり、ミーヨが東京に出てきた。やがてミーヨは巧のバイクに乗りはじめ、バイクの虜になっていく。ある雨の日、無断でミーヨが巧の750CCに乗ったため二人は喧嘩をした。数日後、ミーヨが巧のバイクと共に姿を消した。「俺のバイクで、彼女の島に行け」と言う親友の小川。巧はバイクに飛び乗った。そしてミーヨの島で、仲良くツーリングする二人の姿があった……。

予告編はこちら

 男性の主人公、橋本巧を演じるのは『TOKYO TRIBE』でも「ぐーはっはっはっは!」と笑っていらした、竹内力さんです。まだ若い時期なので、竹内力さん、甘いマスクでナイーブな演技をしていますよ。
 お話の方はと言いますと、ボーイ・ミーツ・ガールの青春物語のように見えますが、大林宣彦監督特有の「死の匂い」といったものが、濃厚に立ち込めています。ミーヨの島での盆踊り、三浦友和さんと巧の決闘シーンなどなど、イヤーな予感がムンムン。そうした中で、キモメガネ(大林映画によく登場する、男性主人公の親友を、私はこう呼んでいます。今作で演じるのは高柳良一さん)とか、バイクグループにいる異形の顔の人とか、根岸季衣さんがいい女風で出てくるとか、大林宣彦監督ならではの色々なお約束事が展開していきます。
 そしてラストになって、監督の「魔編集」が炸裂。果たしてミーヨ(原田貴和子さん)は生きているのか……。そうしたテクニックも含めて、映画としてはかなり面白く、得点は77点といったところです。すごく感動したわけではありませんが、たまに「また見てもいいかな」と思ってしまう映画ですね。
 そして何よりも大切な原田貴和子さんのおっぱいですが、竹内力さん演じる巧が、雨に降られて温泉に行く。そこに先客として入浴していたのがミーヨ…という形で、登場します。この場面はモノクロなんですが、実に素晴らしいシーンになっています。
 そもそも私は、温泉やお風呂のシーンが大好きなんですね。それは何故かといいますと、温泉などに入ることによって女優さんの体温が何度か上昇し、顔は汗ばみ、ちょっとのぼせたりもして、そこに「女優の枠からはみ出した何か」を感じてしまうからなのです。女優さんというのは本来、汗でも涙でも役になりきってコントロールできる、魔性の生き物。そんな女優さんが自己コントロールの枠を超えて、汗を流しているその姿に、グッと来てしまうのです。この映画でも、原田貴和子さんがいい感じに汗ばんで、程よいサイズのおっぱいを見せてくださっています。そして「先に上がるわね」と言ってお湯から上がり、バレリーナのような歩き姿でお尻を見せながら去っていく。この映画での原田貴和子さんのおっぱいの得点は、98点とさせていただきます。
 合計得点は、なんと175点。かなりの高得点をマークしましたよ。

 次回も古い映画で、『バーバレラ』のジェーン・フォンダさんのおっぱいを、鑑賞したいと思います。
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

cinemaboy

Author:cinemaboy
映画が大好き。でもおっぱいは、もっと好き。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
1925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
799位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。